読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音ゲーに関するあれこれ

音ゲーに関する話を色々語るコーナーです。

音ゲーの闇と光を体感してる話

どうも。はてなでははじめましてですかね。シオンです。

 
知ってる人はしってると思いますが、私はかなり多くの音ゲーをプレーしています。
そして知っての通り、音ゲーは闇が多く存在しますね。新しいアプデがどうのこうの、ユーザー同士であーだこーだ。特にここ数年はネットが発達したこともあって顕著ですな。
 
そんな私が各機種における闇とその雑感を述べて行きます。愚痴が多くならないよう、頑張って中和もしていきますが、闇が多いのでご了承を。
 
<闇>
弐寺erによる他機種への蔑視
硬派厨
解禁が重い
<光>
この機種の上達が他の機種への足がかりに
キャラクター
ムービー
FHS、判定調整などのシステム
<雑感>
弐寺専門の人は態度が悪くてあまり好きではありません。もちろんそうでない人がいるのは承知。あと解禁が重いです。
ただ、そういう人が足繁く通ってるおかげでシステムがプレーしやすいように改良されたりムービーなどの要素が充実してるのは羨ましい限り。
 
2.pop'n music
<闇>
ラピストリア
イベントが少ない?
<光>
他と比べてユーザーが温厚
曲が多い
キャラクター
<雑感>
ラピストリアが発表された時のあの騒ぎようには驚きましたね。一部キャラ作画の変更やジャンル名の廃止(結局新曲のみにとどまったけども)に対してこの世の終わりかのような反応を示した人が多かったような。ポッパーの琴線は分からん…
あと、全体的にイベントが少ない?ような。カードにリソースをさいているのか、他機種で忙しいのか定かではありませんが。まあポップンはカードで儲かっちゃうからね。仕方ないね。(?)
ただ、それらを除けば雰囲気は平和だしゲームも面白いです。そうじゃなきゃ、全譜面埋めなんてしませんって。あ、そろそろラピストリア新曲埋めないと…。
P.S. ラピストリア作画のおかげでまどか先生というシコリティ高いキャラが生まれた気がしてます。ありがとう。
 
<闇>
ユーザーの民度の差が激しい
スタッフ不足感
疲れる
<光>
温厚なユーザー
トップランカーがかっこいい
ユニ
<雑感>
一度開発停止になったからか、比較的穏健なユーザーが多い印象。ただ、その一方でアップデートの少なさや譜面に対する不満を常に噴出させたり面白さのない皮肉をいうユーザーがいるのも事実。リアルで会うとみんないい人なんですが、それはどの機種も一緒か。
常にスタッフ不足を心配してしまう機種ですが、最近頑張ってるのでなんとか立て直して欲しいところ。
 
4.GITADORA
<闇>
過度なスキル厨
アプリ解禁時のアレ(前作の話)
<光>
システム
アップデートペース
<雑感>
なんと言っても無印GITADORA初期のあのゴタゴタ。人間の醜さを垣間見てしまったシステムと言っても過言ではない。人は嫌いなシステムに報復するためにチートも厭わないらしい。恐ろしや。
ただ、XG2からGITADORA初期までの経験(失敗談)を生かしつつ、アップデートを継続した結果、今ではものすごく平和な機種になった感。VからGITADORAまでのいいとこ取りをバランス良く行った結果なのだろうか。ギター銅ネ取りたい。
 
<闇>
プロデューサーへの風当たり
楽曲入れ替え(前作の話)
ユーザーの民度
<光>
センスの光る収録曲
取っ付きやすさ
天下一音ゲ祭(収録曲的な意味で)
<雑感>
まっすること増田Pへの風当たりが強すぎ。ツイッターやブログでの発言で「ん?」と来るものもありましたが、そもそも「106クレ」のトレンドを作り出したのはユーザーですよ。いかんせんユーザーの民度が低いため起こってしまったような気がする。(だから指厨という単語ができた、と)
jubeatのゲーム性自体は幅広い層に受け入れられ、収録曲もスタッフのセンスが光るものが数多かった印象。saucerからバージョンアップしてからは割と平和になった印象なので今後も頑張ってください。
 
<闇>
ユーザーの新要素への拒絶反応
REFLEC BEAT plus(のユーザー)
<光>
斬新なゲーム性
パステルくんさん
他機種コナオリのカバー率
<雑感>
ライムライトのロケテ、グルービン、グルービンアッパーでのユーザーの拒絶反応はひどいものだった感。拒否する多くのユーザーが初代からのプレーヤーであり、リフレク自体が代を重ねるたびにゲーム性をライトな方向にシフトさせ続けているからでしょうか。
ただ、DDRと同じくリアルで会うとみんないい人でさらに盛り上がり方も半端ではないのがいいところ。ゲーム性もすばらしく、正直、このゲームを考えた西村Pの発想力には脱帽。
あ、リフプラの話はここではしません。ユーザーの話です。
 
7.SOUND VOLTEX
<闇>
曲を作る人が「ユーザー」
<光>
スタッフの気配り(?)
<雑感>
いい意味でも悪い意味でもユーザーとの距離が近い印象。KAC2013の演出は鳥肌が立ったけど、あれもユーザーとの距離が近いからこそ生まれたのではないでしょうか。
ただ、曲を作る人も「ユーザー」であるがゆえ、作ってる人とは思えない暴言を吐くこともあったり。そういえばあの人、あの暴言以来曲が来てないけどきっと偶然だよね。
 
<闇>
人間関係
スコアシステム
<光>
気軽に踊れる下地
今までに関わらなかった人とのつながり
<雑感>
本当にダンスをする、という場を提供してくれたことに感謝。She is my wifeとか振り付け覚えても披露する場所が無かったです。さらに、ダンサーの方々と交流が出来た、というのも他の音ゲーにはない。
ただ、人間関係の闇が恐ろしく深い。一番有名?なのはKAC2013予選終了直後のアレ。よく「二人プレーの是非をめぐったトラブル」みたいな捉えられ方をしますが、あれの本質はただの人間関係によるものです。要望があったら、もしくは気が向いたら今度書きます。
 
<闇>
人が少ない
そもそも設置が少ない
メンテがゴミ
<光>
意外と楽しい
意外とやりごたえある
曲が実は豊富
<雑感>
とにかく人が少ないのと、設置が少ないにつきる。そのせいでメンテがゴミなとこも多い…
実際やったら楽しいんだけどね…
みなさんやる時は強打しないでください。メンテがすぐゴミになりますので…
 
9.BeatStream
<闇>
年齢層
この先生きのこれるのか
賛否両論なゲーム性
<光>
ムービー
BisCoちゃん
スコアが伸びる感覚
<雑感>
何せ出たばかりなので今後どうなるか不明。指やボルテと同様、年齢層が低めなのが気になるし、このゲーム性は合わない人にとことん合わないのがつらい。
ただ、音ゲーで誰もが味わうであろう「スコアが伸びる感覚」を音ゲーに精通してる人でも味わうことができるのはかなり貴重。綺麗なムービーやかわいいキャラで今後に期待
 
とりあえず長くなったので以上。
他社ゲーもそれなりにやってますが、BEMANIほど事情はわかりません。
 
いきなり闇ばかりでアレなんですが、今後も気が向いたら今までの振り返りをしようと思うので、何卒よろしくお願いします。
 
ライバル登録なども随時募集。(IDは後日)